スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおぉおぅ

さて、優勝は決まって大局的な意味では既に勝利したEX、もとい自分ですが。
本当の意味で勝利するべく、望んだ全良連戦も、二戦とも敗北してしまうという。
なんというか、非常に悔しい結果となってしまいました。

さてさて、常勝無敗を誇ったEXが、なぜ全良連に敗北してしまったのかを
自分なりに婉曲した解釈の仕方で語って見ようと思います。

まず、第一に統制や作戦の徹底が挙げられます。

勝つためには手段を選ばない、というか
あらゆる手段の中から最悪の手段を選ぶと
専らの噂のロムスカ大先生を筆頭に
”勝つ試合”を徹底する為にブログ等でも
戦略を練っていた模様です。(ブラフの可能性もあったけど。
対してEXはいつも通りのほほんとしすぎて
少々、天狗になり過ぎていた事もあったので
意識の差というものも大きく働いたことでしょう。

以前からの戦闘の分析によって
長期戦の構えは、ある程度予想できてたのですが、うーむ。
潜水艦対策から空母対策まで、確かにキッチリ相手は対処出来ていて
常に相手のペースで試合をさせられる結果になりました。

惜しむなら、そういった戦法の裏を掻く闘い方が可能ならば
勝利することも可能だったのかもしれません。


次に、BBの相性が挙げられます。

所謂、狙撃型のBBはEXにとっては最悪の相性の相手のようで
視界を少しでも提供してしまうと、致死量のメテオが降ってくる事態に陥り
ペースを奪われたまま次々とCAクラスの艦を失う結果となりました。
お互いにほとんど視界が無い状態での
この一瞬の視界を利用した攻勢が可能なBBが相手では
劣勢を強いられざるを得ないと言えるでしょう。



自分が思うに、この戦闘は相手の作戦勝ちという側面が強い気がします。
真剣に対策を練ってきた敵に対して、
こちらは普段通りのスタイルでぶつかったのでは
主導権を奪われた状態で闘わざるを得なくなります。
主導権を奪われながらも、それでも有利に闘う練度があれば別なのですが
今回は残念ながらそうはいかなかったみたいですね。

今回の戦闘を空母的な例え話にして言うのであれば、
のほほーんと全爆しようとしてると
いつの間にか変な全戦空母が部屋にいて
「あ、全戦空母いる、やだなー。でも編成はこのままでいっか。」
というような気持ちで戦闘を行ったはいいのですが、
あらゆる動きを封じられて、爆撃を行うも有効な攻撃を行えず
ジリ貧に陥って負けてしまった。みたいな感じですね。

もっと分かりやすく言えば「飛んで火に入る夏の虫」です。


敗北はしましたが、確かな駆け引きと真剣な勝負が出来て楽しかったです。
・・・・いいもん、優勝したから全然悔しくないもん。
肉を切らせて骨を絶つだもん、他力本願が成功した訳じゃないもん!!
スポンサーサイト

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

comment

Secret

No title

共に戦わせていただいて、楽しかったですし、大変勉強になりました^^

これからも宜しくお願いしますね^^

No title

>さるちゃん

こちらこそ><
一緒に戦えて楽しかったです〜。
末永く宜しくお願いしますぜ!

No title

最後の試合であんな不甲斐ないやられかたをしてしまい大変申し訳ありませんですorz

しかしながら、優勝できたのはひとえにジョージ先生のおかげと思っております。
今後とも、宜しくお願いします

No title

優勝おめでとうございます。

自分入ってからこっち2位しか経験していないので
ギギギギギギとなる毎日です・・・!

次あったら楽しみにしててください・・・!

No title

>イスカリオテさん

いやいやーイスカリオテさんは
十分働いてましたよー。
今後予定されている世界戦では
今回の経験を生かして
より安定した、効果的な戦い方が
行えればいいですねー!
これからも宜しくですorz

>せんちさん

そうですねー。
自分が旭鳳にいた頃もそういうジンクスが
結構あったような気がしますねぇ。
それにしても負けたとはいえど
失敗から色々と学べた戦闘で良かったです。
次は必ず勝利したいもんです、あ、次はないのかなorz

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おつかれさまー

L戦たのしかったねぇ

またいっしょにあそんでくだしあ

No title

>走る少佐

早くマウスを購入するんダッ!!!!

No title

L戦おつかれさまでした。

最終戦を勝って終わりたかったですが、うーん。残念。

じょーじさんの指摘どおり、意識の差、準備の差が出た試合だったと思います。
状況的にも、緒戦の対TTK戦などは、今期のL戦こそは。とみんな萌えて燃えていた。+最近完敗した相手だった。ということで、かなり入念に準備してきた。その勢いのまま、次戦の対OF戦に臨めた。
それに比べ、全勝で、最終戦を待たずして、優勝を決めた。
ラハブ、チャーヂャーには、過去の戦いで、負けたままだったが、だいぶ昔のことで、意識が薄かった。
というのも、作戦負け、準備不足につながったかなと。
またーりギルドのいい面がマイナスに働いたかな。(^^;

あとは、慎重な試合運びから、大胆に勝負にでることができていないのが課題でしょうか。

んでも、すばらしい仲間も増えたし、楽しく戦えたL戦でした。d(^^
(じょーじさんが敵でなくて味方でホントよかったw)

次の世界戦もがんばりませう!

No title

>ねぎさん
またーりギルドの良い面が裏目に出た。
そうですね、ギルドの性格は
どんな性格でも必ずメリットとデメリットがあるもんです。
最終戦で作用したデメリットを甘んじて受け入れ
それをバネにデメリットを抑制していくのではなく
メリットであるまたーり感をもっともっと増やせれば
組織としても、個人としても良いなぁと思います。

大胆に勝負に出ることを練習するか
更に慎重かつ丁寧な試合運びを練習するか

短所を克服するか
長所を更に伸ばすか

更にチームの練度を上げるには
このどちらか一つに重点を絞って練習出来れば
いいなぁーと思います。
(自分のプレイスタイルは間違いなく後者ですね!)

自分としてもEXで一緒に楽しく遊べる
仲間が増えて本当に嬉しいですー。

世界戦も頑張りましょう!

動画みさせて頂いたが、相性というか、ただ単におたがい自分の戦いに引き込めたかが分かれ目な感じがしますな。一戦目ダラダラした進行はEXは苦手だったでしょうに。さらには取り返すはずの二戦目にまた攻めに行かなかったことが連敗の結果になったのでしょうな。SSが封じられた感があって、砲で責めようとしてたcaがうかばれんよ。フューリとかの初戦とニ戦目との動きの違いをみて上げなさい。少なくともうちのGなら一緒に責めようとするなぁー。

感想だが、エラソすぎですね‼

No title

>とおりすがりの蟹さん

書き込みありがとうございます。
そうですね、偉そうですねー。
自覚はあるみたいなので良いことですね。

自分の戦いに引き込めたのか、というのは
記事で書いてるように主導権の、
つまり自分のペースで試合を
させようとするってことですねー。

長期戦というのは
思い切りが良い決断が出来る人
もとい指揮官が不在だと一気に崩すのは難しいですねー。
逆に言えば、思い切りが良くなくても
削り合いで勝ってれば良かったのですけどねー。

SSの損失は、EX側の致命傷に直結しましたね。
ただ、ああいった思い切りのある運用だからこそ
これまでの試合はこちらが主導権を握れた訳で
勝率的には合理的な運用だと思いますねー。
これからは臨機応変にスタイルを変えれればいいですね。


敗因は、ご存知の通り
対策を練った相手に対して
何も動かなかったEX側の戦術が
最大の原因でしょうねー。

是非とも、”うちのG”の
華麗な連携プレイをゲーム内で
ご教授願いたい所ですね〜。

No title

"うちのG"を御呼びと伺い参上しました。
場外乱闘の華麗なる連携プレーをお楽しみ下さい。

…冗談はさておき、編成込みで4時間にわたる長期戦、お疲れ様です。
勝敗を抜きにして、久しぶりに9割5分以上の燃焼ができたこの試合。
第八期PL戦の最後に、良い思いでができました。

P.S.
メンバー以外も閲覧okでしたら、私にも動画のURL教えてくださいな><

No title

>311さん

いやーお疲れ様です。
あら、動画とかニコ動とかに挙がってないんですか。
そうですねー、色んな動画サイト探せば
もしかしたら見つかるかもしれませんねー。。

のー たいとる

じーーー

ここで正解?

三國志 Onlineからふらっとやってた通りすがりの人です

No title

>煉さん

あ、正解ですよー。
また機会がありましたら
是非ご一緒させてください〜。
プロフィール

Georgeq

Author:Georgeq


箱○垢
GeorgeBookLog
twitter
世界樹の迷宮?
名言集


presented by 地球の名言
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。