スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己中心的な奴



なんか、L戦のウォーミングアップにつまらない試合ばかりしてると
SSに乗ってた味方のOF所属の某氏が、敵SSと味方の制海圏内でやりあってて
敵SSを排除したはいいものの、それを助けに来た味方の対潜Z99の人にまで
魚雷を命中させてしまったみたいなんですよ。

で、上のようなZ99さんの極めて遺憾なメッセージが搾り出されているんですが
謝罪の言葉も一切述べず、近寄ってきた味方が悪い
というようなこといってるんですよね~。
確かに、SS同士がやりあってる中に割り込んで
対潜活動をするってのは誤射されても仕方ないですが、
誤射しても、謝る必要すらないってことは絶対ないと思います。
というか、このSS乗りの人、見てた限りでは対潜Z99が射線上にいるにも関わらず
何のためらいもなく魚雷を数発発射しているのを見てしまいました。

どうするのかなーと見てた結果がこの開き直りの文章たった一言だったというのは
最近のNavyFieldの質の低下を象徴する出来事であると感じ、
極めて残念で、大変遺憾な気持ちでした。
多分、俺以外にもチームメンバーの人の
大半は同じように思ったんじゃないでしょうか。

SS乗りの方々が、皆が皆、このような自己中心的な奴
で無いことを信じたいですが、
残念なことに、SSの評価を落すような方も
少なからず存在する可能性があるということが
事実ということだけは、このブログでも伝えたいと思います。




まぁ、今回のSS乗りのIDさんは、
全爆空母してたら乗艦がPCAにも関わらず
必ず血気盛んに毎回砲撃を捨てて、
対空一辺倒で相手してくれる人だったので周り見えてないなー
と思いながら、期待に答えて爆撃してあげてたんですが・・・。
うん、erugaさんしっかりこういう人にマナー教えないと艦隊の質落ちると思うよ!
スポンサーサイト

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

comment

Secret

No title

対潜戦闘に於いて味方艦を巻き込んでしまう事は頻繁に起こります。
ジョージさんの言われるようにキチンと謝る事でお互い不快な気持ちにならずに済みますもんね。
まあ味方制海権ではわざわざ危険なSS対SSは避けて、照らしながら味方対潜艦にお任せするのがセオリーではありますが.........。

No title

すごくジョージの言うとおりなんだけど、率直に言わせてもらうと・・・

じょーじもちつけ!

No title

>>日SS海苔様
書き込みありがとうございます!

SSというまだまだ歴史が浅い艦種だけに
こういったトラブルの的確な対処方法が
未だに未発達な点はありますが、
やはり、人として、NFユーザーとして
潜水艦という名誉ある艦に
乗るという誇りを持って、
マナーには細心の注意を払って欲しいものです。
まぁ、「お前が言うな!」と言われたら、
自分は何も言えないのですが・・・・w

>>おちばたん
落ち着いていないっていうのも確かにあるんだけど
こういう事例が起きた時に
周りの人がどういう感情を抱くのかを
少しでも理解頂ければというようなことを込めて
あえて刺激的な記事を書いた次第です。

決してアクセス数upの為ではありませんのでご了承ください!

No title

はじめまして。いつも楽しく拝見しております。

SSに関わる戦闘は、狭いスケールで
比較的効果範囲の広い、対象指定などもできない
兵装を使って戦闘を行うので、
基本的に味方に多少のダメージを与えてしまうといったリスクも
計算に入れて、全体の勘定を見ながら交戦するというのは
必ずしも悪ではないと思っています。
また、SSが魚雷を射出した後に、対潜艦が
その魚雷に命中するルートに入ってくるといった場合も多々あります。

もちろん誤射は避けるべきですので、
謝罪したほうがいいに決まっているのですが、
先述のように、交戦に関わるスケールが
従来の常識とはやや異なるために、
残念ながら味方に損害を与えてしまうことが
かなり恒常的に発生しているのも確かなことだと思います。

この現状の仕様で味方に一切の損害も与えてはいけない
空気が醸成してしまうと、SSとそれに関わる対潜艦も
非常にやりづらくなり、連携に関する数多の技も
失われていくかもしれません。
味方の肉を切って、敵の骨を断つということが、
素晴らしい連携に至っていることも何度も見たことがあると思います。
もちろんそれを全員が共有する必要はありません。

誤射と射線妨害は密接ながら、判別の難しいところもありますが、
円滑なゲームの進行のためには謝ったほうがいいのは確かでしょう。

敢えて弁護するならば、
そういった、「恒常的な現象ならば既に戦闘のための新たな常識になってきているのではないか?」という問いに対する
認識の違いが今回の事案につながっているのだと思います。交戦に関わる新しい巻き添えのリスクを言葉もない暗黙知として多くの人に計算してほしいと思うことは正しいと思います。

NF、ひいてはSS乗りのマナーと結ばれるお気持ちはわかりますが、まずそのあたりの現状、認識を当事者でじかに確かめ合っていったほうが、NFの未来のためになるのではないかと思います。

これからもNFを楽しくしていけるといいですね。
長文失礼しました。

No title

つまるところコミュ力!(この言葉嫌いだけどw)
ゲーム中に揉めてるのを見させられる方も堪らないって事を斟酌して欲しいわねーx−

No title

>>そのあたりの様

初めまして、
私のブログを見てくださって嬉しい限りです。
従来の、どの戦闘ケースよりも
誤射が起こりやすい状況を造りやすいのが
対潜行動ということは十二分に
自分も理解しています。

自分もそのあたり様と同じような考え方です。
例えるなら、昔騒ぎになった戦闘機とAAの
誤射に関する認識と似たような問題ですよね。

戦闘機をAAで
落してしまったらなるべく謝るべきですが
恒常化しているので謝らない人や、
場合もあることも事実です。

ですが、戦闘機を撃墜されたCVの人から
ため息交じりのチャットが
出たら謝るべきだと思ってます。
何故なら、相手が謝って欲しいと思っているからです。

対潜戦闘も、このケースに良く似た、
より複雑で、艦同士の問題ということもあり
より直接的なケースだと思います。

今回の事例は、
被害者が謝って欲しいにも関わらず
加害者が謝らなかった。

そこが核心だと思います。

なんというか、
器の大きさが露骨に見える艦なんですねぇ・・・。

No title

>>せんちさん

おぉぅ、執筆中にコメントが・・・!
そうですね、”揉めたから”
このような記事が立ち
このように皆さんが各々の考え方を書いて
問題について向き合うことになりましたから。

でも、それが良いことか悪いことかじゃなく
一つの避けられない事例として
皆で意見交換出来たのは有益だったと感じました。

いや、決してアクセス数UPが嬉しい訳じゃないよ。

No title

こんばんは^^

誤射や誤爆をしょっちゅうしている私が言うと何ですが、場の空気を和らげる「ごめん」の一言は、とても重要に思えます。

実際のところ、誤射や誤爆が起こるのは「両方」に「原因」のある場合がほとんど。突き詰めていけば、どちらかにより大きな「責任」があるのでしょうが、それなことを考えるよりも、「あ、ごめんなさい」「いえ、こちらこそ;;」とぃう微笑ましいやり取りをした方が、ゲームを楽しめそうです。

−もちろんこれは、誤射に限ったことではありませんが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

静観しよかな〜っと思ったけど
PCAで対空の云々の部分は書かなくても良かったんじゃないかな^^;
じょじ爆が襲ってきたら普通は砲撃捨ててみんな必死で対空するぜw

No title

>>311様

ですよねー。
でも、それを共通認識として当たり前と言ってしまうと
それはそれで問題になるだなーと思います。
個人単位では大いにその考えに賛同しますが、
皆が皆同じ考えってのは傲慢な考え方なんでしょうね、反省。

>>管理人のみ閲覧の人
nice boat.

>>きょーさん
あ、その部分だけは私怨です(ぇ
たまーに、こうやって自分の中の毒を吐き出して
より健全な爆撃が出来るように努力したいものです。
プロフィール

Georgeq

Author:Georgeq


箱○垢
GeorgeBookLog
twitter
世界樹の迷宮?
名言集


presented by 地球の名言
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。