スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全爆強い人のタイプって

何もこれは全爆に限ったことではないんだけど

空母をチームの為に効果的に運用するという意味で
強い人ってのは、うまい人になればなるほど
大雑把な運用スタイルは徹底的に極端に、
しかし細かいところでは無数の手数を備えるようになる気がする。

そのような人達の運用スタイルは大きく二極化されてると思う。

一つ目のタイプは
戦場を肌で”感じる”タイプ 脳筋

技量や理論よりも、経験則や感覚を優先して行動するので
脊髄反射という脳を使わない素早い判断が出来る人が多い。
豊富な経験に比例して正確になる状況判断は、
次第に相手の裏をかく心理戦にも有利に働くようになる。

ただ、脳で考えて行動することが少ないので
長期的な運用方針を正確に決めることは苦手なことが多い。
脊髄反射でいつの間にか非合理的な私怨爆撃合戦に発展するというような
チームを無視したスタンドプレーに走りやすいのもネック。

爆撃機などの、敵艦に爆弾を当てる、対空、戦闘機を避けるという
比較的短い時間に瞬間的に集中することが得意なので
全爆乗りに多いタイプだと思う。


二つ目のタイプは
戦場を頭で”理解する”タイプ 頭でっかち

こちらは文字通り、状況を頭で記憶して、
今後、どういう状況になるのかを推測するのが得意なタイプ。
爆撃機の速度から敵艦到達までの時間をある程度計算したり、
敵艦の配置を記憶し、視界が消えた場合でも行動半径から
ある程度の位置を搾り出すといった、
優秀な脳の演算能力を生かした理詰めによって感覚型よりも
確実にタスクをこなしていく能力に富んでいる。

イレギュラーな事態への対応力は、いくら優秀な脳と言えど
脳に行く前に脊髄で反射して実行に移す感覚型に比べると
少々見劣りする場合が多いようだ。
計算を狂わせられないように、万全の体制で万全の戦術で
臨む人が多いので、闘う相手にしてはうんざりする場合があるかもしれない。

広い視野に加え、正確無比で、確実な運用が出来るという
爆撃機よりも戦闘機を運用するにおいて
必要とされる能力が大いに備わっている人が多い。





自分の場合は、敵を知り、己を知れば百戦危うからずを
地で行ってるので、たぶん感覚寄りだと思います。

やっぱね、対空艦の気持ちと空母の気持ちを両方とも存分に経験したからこそ
空母に対空砲付けるという奇特な行為に走れたんだな~と(ry

スポンサーサイト

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

comment

Secret

No title

まさにCV海苔の本質はその2点に集約されると思います。

脳筋に幸あれ。

No title

三頭身に光あれ

No title

老体に鞭あれ

No title

全爆海苔に、報いあれ。
プロフィール

Georgeq

Author:Georgeq


箱○垢
GeorgeBookLog
twitter
世界樹の迷宮?
名言集


presented by 地球の名言
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。