スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空に騎士道が存在した最後の時代



久々にフライボーイズ見た。
相変わらず人情が溢れすぎてる作品で見てて爽快な気分になってスッキリした。
主人公たちも戦争映画にしては個性が豊かで区別しやすくて
きっちり空戦成分も多めに含んでていろんな面から見てもお腹一杯。
bgmも良い感じにマッチしてて、相乗効果が出てる。

こういう軍事史っぽいのを調べて紐解いていくのは
広大な歴史のパズルを少しずつ完成させてるみたいで楽しい。
いや、真実がどうとか考証がどうとかじゃなくて、
そんな無粋な話は抜きとして、ピースをはめ込んでいくと
この物語からWW2に、その後は冷戦にって
同じ時間軸には他の場所でこんなことが行われてたんだなとか
そういうことを考えるとワクワクが止まらないっす。
スポンサーサイト

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

周りが五月蝿いとき

          
  豊 独          
  か り          
  で で      
   ・ 静      .
   ・ か      ,,,.    
   ・ で   ,=;;;;ミヽ    曲を創る時はね 誰にも邪魔されず自由で
   ・   .,彡;;;;;;;;;;;;三ヽ  なんというか 救われてなきゃあダメなんだ
     彡;;;;;;;;;彡;;;彡、;;ヽ     
     彡;;;;;;;;;;';;;彡;;/:::::::::ヽ__    
    彡;;;;;;ミ;;//./ :     `ー------
、_   彡/;;;;// / :  ,..-ー'ー ヽ ::::|;;;;;;;;;
  `∨- ///;;|//ー-ー'       :::::`-;;;;;;
      '/ヾ| '   l -、,,,,,,=====、 :::::::`-
       /  ,,,,,='........."',-、-,-、::::`::::::::::::
       |="",-,、_,-、:::'-`-~'`:::::::::::::::::
       ヽ/,' `'.| ミ::::        ::::::
        |   | ::::::::::       :::::::::
        |  / :::,--、:      :::::::::
        .|  .|  ':::,..ヽ::::     ::::::::
        ヽ ヽ.二'~ '~:::      ::::::::::
         `l  .; '-,----、__    :::::::::::
         ヽ ` '三三ニ-'::   ::::::::::::
          ヽ ,-----,-::::   :::::::::::::::
          .ヽ  """::::::::   :::::::::::::::
          ヽ       :::::::::::::,.--
           ヽ     ::::::::::,..-' /
            ヽ_........::::::,.-'://
              `/-、~;;//
             ./| `=='~     /
           //::| /彡ミヽ    /
         /::/::::/ /彡|lミ/ヽ  /

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

とうとう複葉機に



複葉機の時代は、まだ暖かい風情が残ってていいですね。
集団戦術よりも個々の技量が物を言った時代だから
こういうシャア専用レッドバロンことホーフェンみたいな人は
敵味方問わず、人気があったことでしょうねぇ。

紅の豚とかも、たぶんレッドバロンをある程度意識して
作ったんじゃないだろうかなぁ。

WW2以降の航空機ってのは、風を切った飛び方をするので
エンジンに任せた強引な機動で戦ったりしてたけど
WW1のこういった複葉機は見ている限りでは風に乗って
風に飛ばされてるかのような変態機動を行っていて
ドッグファイトには最適なんだろうなーと。
たぶん零戦も速度抜きにしたら目じゃないだろうな、と。

動画では後半は地上では、多分塹壕戦が行われてるんですけど
榴弾砲でゴミのように吹き飛ばされて、凄惨な光景ですね。。







<追記>


forza3、普通に面白くてワラタ
だが課題に追われてやる時間がないという。

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

評価されるべきとは?

さて、大学では絶賛レポートキャンペーンが開幕して
冬の新型インフルの影もどんどん近づいてきて
キャンパスライフもかなりの修羅場と化していました。

そんなこんなでたまには現実逃避に
ゲームやらこういった駄文やらを書かないとやっていけない
時期がやってまいりました。

それでは、黒歴史の1ページをここにまた記録してみようと思います。

有名で、クオリティも高い作品ってのはどの分野においても必ず存在するものだけど
有名で、クオリティの低い作品もクソゲーオブジイヤーですぅって感じで存在する
逆に無名でクオリティの低い作品は、そりゃ腐るほどあるわけで

となると、無名でクオリティの高い作品ってのは存在するのか?
そういうことを電車の中でふと考えてしまった訳ですよ。

大抵は無名でクオリティの低い作品の中に紛れ込んで埋没した
もっと評価されるべき存在のこの種類の作品だけど

これら作品に共通して言えることは、巷の評判などを参考にした
客観的な評価を参考にした見つけ方ではほとんど発見することが出来ないと思う。

こういったインビジブルな作品を発見するのに必要なものは
それぞれの作品に対して他人の評価を省き、
自分自身の目で真摯に向き合うことが出来る主観的な評価が
出来る能力が必要なんじゃないかな、と思う。

となると、結局は自分の感性だけを頼りにして作品を選ぶわけだから
メジャー所のように人と共通の認識を共有出来る作品にはどうしても成り難い。
もっと言えば、文字通り”人を選ぶ作品”ということになる。
おかしな話ですよね、まるで作品が自分を試すかのような言い方です。

つまり、そういったマイナーでクオリティが高い作品ってのは
要するにマニアックな作品っていうことになります。

例えるなら、私のことになりますが、
ラーメン店で美味い所を探すときも、自分はメジャーなチェーン店よりも
ボロボロになった汚いラーメン店にあえて足を運んだりするんですよね。
なんていうか、美味いラーメン店を新たに発見出来るんじゃないかと思うと
冒険心がくすぐられて非常にわくわくするんですよね。

最初から示された宝の在り処を見つけるよりも
隠された秘宝を自分自身の能力で発見するほうが楽しいと思いませんか?
たぶん思う人は僕と同じ性格だと思います。

マイナーな作品は、理解出来ない人と分かち合う必要なんてないんです。
自分自身が良い作品だと、心の中で素直に思っているのが
一番幸せだと思うんです。

それでも、自分と同じような性格の人を見つけたら
その時は喜んでマイナーな作品を教えてあげたいです
普段、話題を共有できない分、共有できたときのカタルシスは何倍にも膨れ上がります。
共有に成功した時の達成感ときたら、もう1年分くらいおなかいっぱいです。

でも、それらマイナーな作品も、メジャーな作品を知った上での
余剰パワーで発見したほうが効率はいいのかもしれません。
ある程度はバランス良く、拘りも踏まえた上でいろんな作品を知ることによって
自分自身の中の引き出しがどんどん広がっていくような気がします。

こうやって駄文でも色々書いてると、少しずつだけど
文章力が上がっていくような気がするみたいに・・・。

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

細々と



FPSゲー引退から半年、リアル知人を洗脳してFPSをプレイさせることが出来たので
学業が忙しくない木曜、土曜、日曜の間にBlackShotにて
細々とUZIを使ってゲーム中。

細々といっても、それなりに熱くプレイしてるんですけど
以前のような全力というゲームの仕方ではなく
燃費が一番良い巡航速度でスマートにゲームをしてます。

WR時代に知り合った人らで
BlackShotとかしてる人とか、したい人とかいたら
一緒にやろうぜ!

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

がれーじばんど

とりあえずゲームやら絵やら音楽やら
興味あることにとりあえずチャレンジしたい年頃かもしれない

WindowsのDAWソフト、Cubaseを購入しようと思ってたんだけど
まだビギナーってこともあるのでしばらくの間はGarageBandで
作曲やら編曲やらを楽しんでムフフしたいと思います。

やっぱりリアル音源とは言わないけど、ソフト音源でもしっかりしてると
曲を作っていても、かなりモチベーションがあがっていい感じ。
小学生のバンブラから始まり、今に至る訳だけど
なんだかんだいってDTMをどんどんステップアップして学べてて良い感じ。

相変わらずゲームをする暇がない訳だけど
たまーに、ネイビーフィールドにログインして遊んでたりする。
なんていうか、BBが砲撃しないで前出てきた小型艦ばっか狙うようになったね。
そろそろ末期なんだろうか^q^

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

これだけはいえる

数学のことは良く存じませんが、

納得いかない、割り切れない物事も
四捨五入すればいいと思う

たまに、無理して妥協をあまりしない人とかいるけど
円周率みたいに延々と試行錯誤を繰り返すことになるから
形だけでも決着をつけた結果を残すことが重要かもしれませぬ

例え何年かかって円周率を計算したとしても
割り切れる結果が出ない場合は
それまでにかけた月日という過程なんて
ほとんど価値もないのだから・・・。

ただ、過程において価値が全く無いと言うことは
一概には言えることではないかも知れない。
成功の形で結果を残すことも重要な進歩だけど
失敗した場合においても、その失敗を経験という形で
リサイクルすることによって、せめて自分自身の中だけでも
価値のある結果を残す努力をすることは出来る。

前にもブログで言った気がするけどおさらいで。
結果主義ってのは、個人論だけど

”結果を出す”すなわち成功すりゃなんだ、過程は要らないんだ、
敗北はもっと要らないんだってことじゃなくて

”価値ある結果を出す”成功、敗北、途中でのリタイア問わず、
そこから自分や周囲が進歩する要素を見出すことに努力することなんだと思う。

難しいけど、成功だけに価値を見出すのではなく
あらゆる結果から価値を見出す前向きな姿勢ってのが
自分の言いたい結果主義だと思ってます。





今日は台風怖いです。

ガレージバンドぱねぇっす


















Timidityで無料の音源を乞食みたいに探ってた努力を
無残に消し飛ばすようなクオリティのソフト、GrageBand。
というか、Macがあって良かったと心から思うほど
曲作りに役立つ即戦力のツールになってくれたような気がする。

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

眠い



まじぱないのぉ、ぱないのぉ。

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

気づいた

普通に絵を描くよりも
forza2で痛車作る方が実は良い絵が出来上がる気がする
たぶんやる気の問題。

慣れるとペチペチやるのも楽しいんだよね、forza2のアレ。

気づいたんだけど、プリングスの細長い容器って
実はガムテープの丸い形の中にすっぽり納まるみたいだね
今日なんとなく試したらピッタリ入ってびっくりした。

ODST、とりあえず一通りクリア。
元々、オンラインの対人戦はほとんど飽き飽きしてる自分にとっては
キャンペーンとCOOPがそれなりに充実していたということもあって
やはり従来のHALOシリーズに比べると
自分の中ではかなり満足のいく部類に入るような気がする。

L4Dとブレイドストームを新たに箱○に補充。
とりあえずこのゲーム達は暇な時間に消化しようと思う。

地球防衛軍3の作業感が酷すぎて、なかなか実績解除に結びつかない。
ウイイレなんて接待ゲームと割り切ってるからまったくやってないという。
ロストオデッセイは弟がいつまでたっても進めないし
データ消したらキレられそうだから手が出せないし・・・・。

うーむ、従来のハードのようにゲームをゲームとして楽しむことに
自分は飽きたというか、なんというか
元々、自己顕示欲の塊みたいな性格なのか知らないけど
実績を一歩一歩解除していくという行為は、自分にとっては
それはそれは素晴らしく有意義なことであり、
箱○ゲームをすることにおいての最大のタスクであると思ってたりする。
それでも、ゲーム自体の内容も十分に吟味した上で
購入に踏み切ったりするわけなんだけど
やっぱり、実績という数字上においてゲームをしたという
”結果”を残せるシステムは自分と相性がどうも良いらしい。

ゲームを楽しむ目的。
レベリングが楽しいと感じる人もいれば
ガチの戦闘に喜びを感じるものがいて
身内同士で団結してチームプレイをするのが快感な人はもちろん
ゲーム内のユーザー同士で作られる市場において
利益を出すことが面白いと感じる人もいる
昔の、オンラインゲームをやる前の自分は
こういったゲームを楽しむ目的が、もっといえば物事に取り組むための姿勢が
人それぞれ、いろんな考え方があるなんて思いもしなかったんだけど

オンラインゲームをして、同じ目的を持つ同志でも
人それぞれ価値観には誤差があるし、
優先順位も違ってくるってことに気づけたんですよね

というより、自分のオンラインゲームに対する取り組み方が
所謂、一般的なオンラインゲーマーのゲームの楽しみ方と
結構ズレてることを知ってしまったから気づいたというか・・・

とりあえず頭の中で考えてたことをつらつら書いちゃってますけど
世の中には、たまにオンラインゲームしてるって言っただけで
アレルギー反応を起こすのか知らないけど
まるで檻の中にいる珍獣でも見るかのような目で見てくる人がいるけど

実際にオンラインゲームを体験したことがない人が
いくら正論、もっといえば正論に見せかけた詭弁を言ったって
結局は中身の伴わない、
さながら外側だけは作られている空き缶のような意見なんですよね


理解は幸せとはよくいったもんですね・3・



ブログにおいては、普段は最大公約数的に約して三行でまとめるような内容も
こうやってグダグダと、あえて長文にして残したりすることが
なんとなく偉いような行為に思えてしまうから困る

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

じょじぶっくろぐ作ったよ!

ジョージさんが読んだ本やらゲームやら色々な作品が紹介されるという
ブログパーツをブログに貼り付けてみました。

自分自身、思い入れのある作品を忘れないように記録しておくという意味も兼ねて
皆にも紹介出来るオススメの作品を本棚に載せていこうと思うので
興味があったら適当に覗いちゃったりしてくださいね。

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

プロフィール

Georgeq

Author:Georgeq


箱○垢
GeorgeBookLog
twitter
世界樹の迷宮?
名言集


presented by 地球の名言
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。