スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じょーじの爆撃教室はじまるよー

なんていうか、今更すぎて記事にするのもアレなんだけど
運営移行前の古き良きL戦において、持久戦を求められ
戦闘機同士の視界取り合戦にCV運用の焦点が絞られる中で
それでも爆撃を行うには何を心がけるべきなのかを記述していこうと思う。

1).長期戦を見越した爆撃方法

そろそろ時効だと思うので悪い例を挙げたいと思う。
以前、EXvs全良P戦で、私が操作するCVと反対側の戦線を任された味方CVの某氏と
敵対していた某CVとの空母対決が良い見本だと思う。
味方CVは積極的に爆撃を行い、敵艦を何隻か葬ったまでは良かったのだが
それと引き換えに序盤から大量の航空機を消耗してしまい、
果ては戦闘機までも早期に損耗し、中盤以降は艦載機切れという事態を招いた。
幸い、相手CV側も同じような過ちを犯し艦載機が欠乏したから良かったものの
長期戦の駆け引きを心得ている空母相手だと、
EX側の戦線の崩壊は更に加速しただろう。

爆発力を求めすぎた強襲策では、大艦隊までしか通用しない。

一方、対極となる悪い例としては
同試合における私の運用方法であるといえるだろう。
長期戦を見越して艦載機を温存した小規模な戦闘機による視界戦の合間に
散発的に爆撃機を飛ばして、少しでも捕捉されるとすぐさま母艦に帰還。
隙があるならば爆撃を敢行するという消極策だ。
安定性を求めるあまり、決定打を他艦に依存してしまい
その戦法のまま試合が進むと、
劣勢時における巻き返しが行えずジリ貧になってしまう。
こちらに対する敵空母の運用も同じ消極策ではあったのだが
優勢時における安定した運用は敵の反攻作戦を封殺出来て大変有効であった。

安定性を求めすぎた消極策は、劣勢時の巻き返しを覆すことは困難。


どちらも運用だけを比べれば一長一短の運用であるが、問題はそこじゃなくて
長期戦が想定されるL戦において
ベースとする戦術はどちらが良いかというのが問題。
消極策で安定性を維持しながら、隙を突いて強襲策に切り替えるというのが理想。
勿論、状況の変化で短期決戦が予想されたら柔軟に対応することも大切だろう。

さらに個人的な考えを言うと、普段から爆撃を経験することは大切。
培った経験は信憑性のある勘となり、爆撃目標選定に必ず役に立つ。
残存航空兵力に見合う戦果が得られる目標なのか?
大艦隊戦での基本的な技術にプラスして、
心理戦という技術が必要になるのがL戦である。
いや、基本的な技術を余裕で出来ること前提で心理戦のことも考える逸材が
L戦CVに最も適したというべきだろう。

つづくかも
スポンサーサイト

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

余裕

大学で不真面目に講義を受けながら聞いた中で興味深い話があった。
ゲーム脳ってのはだいぶ昔に話題になってた
詭弁だらけの妄想論なのは周知の事実として

教授が言うには事実を曲解して解釈して勝手に解説してるから性質が悪いそうな。
事実、ゲームをずっとすると脳味噌が何も考えなくなるんだそうな。
実際は、ゲームに慣れてくると脳味噌で考える必要も無く感覚で操作するから
脳は何も考えなくなる、うまけりゃうまいほど脳は考える必要が無くなるらしい。

これを聞いて、あぁ、そういうことか。と自分は思った。
以前から"余裕"ってのはどういう状態のことを
言うのかなと考えたことがあったけど、
このヒントを得て自分なりに答えを出せたような気がした。

"余裕"ってのは脊髄反射で行動することによって文字通り空いた脳味噌を
有効に活用する為に、現在取っている行動とは別に
動きの予測や周囲の把握などを行える状態のことを言うんだなーと。

もしくは脳味噌を文字通り温存して
何も考えずにいつも通りパターン化した
戦法でタスクをこなすことを言うのだろう。
たぶん、ゲーム脳的にはこの後者の解釈が当てはまるんだと思う。
僕もバイトとかRPGの狩りとかの作業してる時は、
間違いなく脳味噌止まってるからね、被験者もたぶん止まってたのかと。

でも、自分が言う"余裕"というのは
どちらかといえば前者の解釈で間違いない。
"余裕"ということは楽だから何もしないのではなく
楽だからこそ空いた脳味噌を使って自分に有利な状況になるように考える
つまり正確に動きながら
他のこと考えていられる状態こそが"余裕"なんじゃないかなと。

だからこそ、何事も最初のうちは余裕なく物事をしっかり把握して
すぐに慣れて"余裕"な状態を保てるように努力したいものです・・・。

こういうのが真のゲーム脳っていうんですよね、分かります!

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

無神経

ネットじゃなくて、リアルの話なのだが
最近、私の周囲には「無神経だなぁ」とか
「思いやりが出来ないんだな」と思えるような人間をチラホラ見かける。
脅威度のでかい順番に無神経なタイプを書いてみようと思う。

<<レベル1>>
人との約束をいつまでたっても達成せず
延々と問題の先送りを繰り返す奴。
憤りを通り越して呆れさせられる。

積極性の無い無神経さであるので、まだマシである。
だが期待を裏切られるのを良しとしない自分にとってはカス同然である、今すぐ氏ね

<<レベル2>>
人とのコミュニケーションが歪んでるのか
くだらない、意味のない対話を望む奴。
嫌がられてるのを認めない、理解出来ないのか止めろといっても
延々と繰り返し、相手をしてもらわないと拗ね始める。

小学生の頃に同じような性格、むしろ俺がそうだったような気がする。
まるで成長していない。小学校からやり直すかしんでください。

ちなみに中学にも高校にもそういう奴はいた、全員しんでください。

<<レベル3>>
厚顔無恥という言葉を絵に書いたような自己中心的な立ち振る舞いをし
人の会話に割り込んででも、無条件で会話の主導権を自分自身に持っていく奴
それでいて話題はしょうもない自分の身の上話ばかりを垂れ流す。
話していないと窒息するのか、ノイローゼになるのか知らないが、
延々とその軽い口をアホみたいに開けっぱなしである。
思慮も浅く、空気が致命的に読めないので話し相手をとことん疲れさせる。
皆優しいから我慢してるという事実にすら気づかない可哀想な人間である

小学生がある程度の技術と上辺と
歪曲のオンパレードの一般常識(笑)を詰め込まれた感じ。
本人は自分の間違いを必ず認めず、指摘されるとファビョる。
その為にいつまで立っても、
一生人に気を使われてクソ幸せに生きていくだろう。
こいつの性質の悪いところは、1-2と違い本人に自覚が無い、
又は指摘されても認めない為に
周囲が無駄なエネルギーを使用しないといけないことだ。
そんな人間とは関わらなければいい。
理論上はそうだが、経験したことある人は分かると思うが、
そういう人間に限って避けられている人間にでさえ積極的に接触してくるのだ。
本人に相手をしたくないと言えば、理解出来なかったのかフェビョり始める。
そして結局は絡んでくるの悪循環である。

なんていうか、癌細胞なので
氏ねじゃなくて死んだほうがいいですまじで。



こういう無神経な人間は得てして思慮深い人間に負担を強いる。
コミュニケーションの共産化のようなものである。
自分は人生をこの無神経な人間との闘いに浪費して
エネルギーが失われることを恐れている。

インターネットでは晒しスレに乗るとかそういうレベルを超越して
野良部屋ですら指摘されるレベルだと思う。
むしろネット環境においては避けられる・・・
いや、避けることが可能な人間なのだが、
リアルではそうはいかない。
無神経な人間は、皮肉にも現実世界に置いて
悠々と生きることが可能なのだ。
憎まれっ子世にはばかる、である。
諸行無常の響きありである・・嘆かわしい世の中じゃ。

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

星の丘2番

・・・という夜中だけ、降車専用で使われる
バスの停止ポイントが地元に存在する。
降車の需要が増えたのか、
ここ1、2年で新たに追加されたバス停なのだけど
初めてこの名前を知った時は、
天の川にでも連れて行かれるのかと思えるくらい
ロマンチックで幻想的な気分になったものです。

それも、深夜にだけ臨時で止まるバス停というのもあって、
星空を車窓から見上げながら、
運転手のアナウンスを聴くのは、実に夢心地な気分になれて
今日一日の徒労を全て洗い流してくれるような
開放感にも似た感情が沸き上がって来ます。

旅行とかは嫌いというか、
旅行をするのが目的での旅行はあまり価値を見出せないけど
目的の為に使う手段としての旅行は大好きな自分だったりします。
他にも、ロマン溢れる良いポイントがあったりしますが
それは又の機会に・・・・ふふふ。

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

柔と剛が備わり最強に見える

最近見つけた剛のスタイル、超強襲爆撃と、普段どおりの削りスタイルを
うまいこと使い分けられるようになったので、最強になったように見えました。

Q.強襲スタイルとは?

A.例え列機が火達磨になろうとも、最重要目標に保身無き爆撃を行うスタイルです。
 自分の場合は、このスタイルにシフトする時には爆撃機を4:4で飛ばします。
 そして、相手に戦闘機がいれば、わざと絡みに行きます。
 こうすることで相手戦闘機を無力化しつつ、その間に4:4で待機していた二派目が
 飛びたてるようになり、いつの間にか溜め爆へと変貌しているのです。
 結構楽しいです。







※追記

と思ったけどやっぱ従来の戦闘スタイルが一番楽しかったです!何の為の記事だったんだ!!!

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

プロフィール

Georgeq

Author:Georgeq


箱○垢
GeorgeBookLog
twitter
世界樹の迷宮?
名言集


presented by 地球の名言
カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。